過酷な救急現場の実態とその理由

救急医療の現場では、想像を遥かに超える過酷労働が発生している現状があります。それには、医師だけではなく看護師も深刻な人材不足になってることも関係しています。24時間ずっと労働を実施してしまう時も少なくなく、一人一人が高い集中力を保つのが厳しい状況だといえます。
このような状況が発生している一つの要因として、緊急性が低い怪我や病気にも対応しており、迅速に治療を行っていることが関係しています。ちょっとした事で救急医療を利用する方が増えてきており、医師や看護師の負担が増えているのです。本来、救急医療は命の危険などが発生した時に利用する医療施設です。しかしちょっとした症状でも、救急車を呼んでしまう方が増えているので、仕事の量が膨大になってしまっているのです。結果的に、本当に緊急性の高い怪我や病気をした方が適切な治療を受けられずに大きな問題になっています。
人材が不足していることを考えれば、状況に応じて素早く適切な治療を行う能力が求められることになります。短い時間で診断から治療を行わないといけない為、高い能力が求められると同時に、身体ストレスも大きくなっているはずです。色々な事情が関係して、過酷労働が生み出されているのです。こうした状況が続けば、ますます人材確保から遠ざかってしまうでしょう。
この問題を解決するには、本当に緊急性の患者のみ治療を行える環境の整備と優秀な人材の育成が必要不可欠です。どちらの問題も整える事ができれば、現状の状況を少しずつ解決できるでしょう。既存の医師や看護師の負担を減らすことができれば、高い集中力を発揮してより多くの命を助けることができるはずです。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.